ONEPOWER What’s New

OPT・CPTに関する新しい方針

2017年4月にトランプ大統領が“Buy American Hire American”という大統領令を発表してから、労働局、移民局、国務省など各政府機関は、アメリカ人の採用を優先するための措置を取るように指示を受け、これにより各種ビザ審査が一層厳しくなりました。最近では、事前の通告なく移民局内部の方針が変更されていることが多くみられるようになり、ビザ保持者の滞在資格維持に影響を及ぼすようになっています。下記にOPTとCPTに関する最近の移民局の新しい方針について説明します。 F-1ビザの学生は卒業前か卒業後にOptional Practical Training (“OPT”)を申請して、12か月まで学校外の企業や団体で仕事をすることができます。OPTとはアメリカで学位取得を目的とする大学にフルタイムで9ヶ月以上在籍した学生が、学校外の企業で申請できる就労許可証のことです。OPTは各学位レベルに対して12ヵ月申請することができます。STEM学位に該当する理系の学生であれば、OPTをさらに24か月延長することができますが、延長申請時には雇用主が24か月間の研修計画書を提出しなければなりません。 今年1月には事前の通告なしに、移民局のウエブサイトにいつのまにかSTEM-OPT保持者の派遣会社の顧客先での就労を制限する内容が追加されていました。このため、H1Bの審査中に、申請者がSTEM-OPTを使って雇用主以外の場所で就労していたという理由で、滞在資格違反を問われました。これに対しIT派遣会社連盟が移民局に対し訴えを起こしましたが、判決が出される直前に移民局が妥協した形となりました。つまり、STEM-OPTの就労は研修目的を達成し、研修提供社が雇用主としての条件を満たせば、雇用主の職場以外の場所での就労(例えば、オンラインや遠距離雇用)は許されるとされました。また、派遣会社やコンサルティング会社が雇用主となる場合は、派遣会社やコンサルティング会社自体が研修を提供するもので、雇用主の条件を満たしていれば、STEM-OPTを利用して学生を採用してよいとされました。 最近では、OPTとCPTを合計で12か月以上使って就労した学生は移民法違反とみなされ、H1Bが却下される傾向がみられるようになりました。Curricular Practical Training (“CPT”)は、その就労が学校の単位になる場合、若しくは就労が学位取得に重要な役割を果たすことが条件となっています。CPTも12ヵ月まで申請することができますが、CPTを12か月全部使用した場合はOPTは申請できない規定となっています。今までは、学生はCPTを12か月間すべてを使わなければ、そのあとはさらにOPTを申請して仕事を続けることができました。ところが、最近、同じ学位レベルでOPTとCPTの両方を使って12か月以上就労した学生は移民法違反だという理由で、H1Bが却下される例がみられるようになりました。この移民局の新しい方針が果たして合法であるかは、今後議論されると思われますが、このような状態にある現時点においてはOPTとCPTの合計使用期間に注意する必要があると思われます。 更に、滞在期限がD/S(=Duration of Stay)で特定年月日が明記されないF-1、J-1、M-1ビザ保持者は、以前は、裁判官から強制送還の通知が発行されない限りは不法滞在扱いになりませんでしたが、今年の5月からはこれらのビザ保持者もI-20やDS2019に書かれてある滞在期間を超えて滞在した場合、或は、事前の許可なしに期間中に学校や研修プログラムを中断した場合は滞在資格違反となり、3/10年入国禁止の対象になります。つまり、一回の入国で許可された滞在期間を180日超えて滞在すると3年間はアメリカへの入国が禁止となり、また、不法滞在が365日を超えると10年間アメリカへの入国禁止となります。従って、OPT/CPTを12か月以上使ったという理由で後になってH1Bを却下された場合、違反した時点に遡ってオーバーステイが換算されるようになったので、3/10年入国禁止の対象にならないよう注意が必要です。 執筆:大蔵昌枝弁護士 本ニュース記事に関する注意事項 (DISCLAIMER) 本雇用・労働・移民法ニュース記事は弁護士として法律上または専門的なアドバイスの提供を意図したものではなく、一般的情報の提供を目的とするものです。また、記載されている情報に関しては、できるだけ正確なものにする努力をしておりますが、正確さについての保証はできません。しかも、法律や政府の方針は頻繁に変更するものであるため、実際の法律問題の処理に当っては、必ず専門の弁護士もしくは専門家の意見を求めて下さい。テイラー・イングリッシュ・ドゥマ法律事務所および筆者はこの記事に含まれる情報を現実の問題に適用することによって生じる結果や損失に関して何ら責任も負うことは出来ませんのであらかじめご承知おき下さい。…


雇用主変更と滞在資格の維持 [ 2016年7月 ]

  雇用主変更と滞在資格の維持   現在アメリカの短期就労ビザで就労しているものが雇用主の変更をする場合、アメリカにいながら雇用主変更申請を行うこともできますが、その為にはアメリカでの滞在資格を維持していたことを証明する必要があります。アメリカでの滞在資格を違反した場合は、日本の米国大使館か米国領事館で申請することになります。   H-1B保持者が米国内で雇用主変更を行うためには、新雇用主がH1B申請を完了するまで、前雇用主を離れることはできません。H1Bの承認期間満了まで勤務した場合、期限失効日から、10日間の猶予期間があたえられますが、H-1B雇用が期限満了前に終了した場合は猶予期間をあたえられないため、翌日から滞在資格を失います。 米国内で雇用主変更申請を行うためには、前雇用主との雇用が終了する前に新雇用主が移民局にH1B書類を提出しなければなりません。申請時にまだ雇用が続いていた証拠として、H1B申請書類と共に直近の給与明細のコピーを提出します。 ここで注意する点ですが、提出した給与明細の額が前雇用主の移民局に申請した給与額を下回っていないことも確認したほうがよいでしょう。仮に新規雇用主の申請であっても、前雇用主の給与額がH1B賃金を下回っていることが判明すれば、前雇用主のもとに監査がはいらないという保証はありません。 また、H-1BにはPortability の適用があるため、前雇用主とのH-1B雇用関係終了前に新雇用主がH-1Bを移民局に提出すれば、承認を待たず翌日から転職先で就労を開始することができます。H1Bが承認されるまで240日間はPortabilityの適用で就労を続けることができますが、240日以内に承認がこない場合は、一旦就労を停止しなければならないので、注意が必要です。   LビザやEビザ保持者が米国内で雇用主変更を行う場合は、前雇用主との雇用が終了する前に新雇用主が移民局にEもしくはH1Bの申請を行うことができます。H1Bは今年の申請はすでに締め切ったので、大学など年間枠免除団体でない限りは、来年の4月まで申請できません。新雇用主が移民局にEやH1Bでの雇用変更を申請する場合は、申請時に前雇用主との雇用関係が続いていた証拠を提出しなければなりません。 ただし、EからH1Bへの変更申請やEからEへの雇用主変更の場合はPortabilityが適用されないため、新たなEやH1Bが承認されるまで、転職先での就労を始めることができません。新雇用主のH1BやEの滞在資格が承認されれば、承認通知書についてくるI-94の有効期限までアメリカ国内で就労をつづけることができますが、一旦国外にでれば、再入国するために日本の米国大使館か米国領事館でビザスタンプの申請を行う必要があります。   ここで注意すべき点ですが、Eビザは各国間で取決められた条約ビザであるため、H1BやLとは異なり、ビザ面接時に米国大使館や米国領事館で新たにEビザの審査をされます。移民局管轄のH1BやLビザは、移民局の承認通知書があれば米国大使館や領事館でのビザ面接は簡単な質問でおわりますが、国務省管轄のEビザは、仮に移民局発行の承認通知書があっても、米国大使館か米国領事館は国務省の基準に則って新たにEビザ資格の審査を行います。   前雇用主との雇用関係終了後に新規雇用主が見つかった場合は、一旦国外にでなければなりません。移民法上は職場に出社しなくなった時点で雇用終了とみなされるので、出社しなくなった時点でオーバーステイがはじまります。 オーバーステイや滞在資格違反が180日を越えると、3年間は米国に入国禁止となるので注意が必要です。オーバーステイや滞在資格違反が365日を超えると、米国には10年間は入国禁止となるので要注意です。   オーバーステイをすると、ほとんどの場合米国内にて滞在資格の変更申請を行うことはできませんが、オーバーステイが180日を越えなければ、米国外でビザを申請することはできます。ただし、オーバーステイがあれば将来ESTAの申請ができなくなるので注意が必要です。オーバーステイへの見方が厳しくなっているため、滞在資格を失う前に速やかに国外に出たほうがよいでしょう。…


昨日車を運転していると、とっても綺麗な虹を見ることができたので 思わず写真を撮っちゃいました! 虹を見ると「何かいい事がありそう!」と思ってしまう私ですが、やっぱりいい事があり幸せな気持ちで一日過ごすことができました。 皆様にも幸せが訪れますように!! Posted:09/09/15 by MK


日本語によるHRベスト プラクティス・セミナーのご案内

<アメリカの複雑なHRを学び、雇用リスクを回避するための> <2015/2016年>HRベスト プラクティス・セミナー 8/28(金)1:30 PM – 5:00 PM    @ Atlanta, GA アトランタで8月28日(金)1:30 PM – 5:00 PM におきまして、Pacific Dreams, Inc. 様による、雇用法セミナー「日系企業のための…


ジョージア日本人商工会誌 サウスウィンドより「うちの会社」

弊社代表の藤原より、”ジョージア日本人商工会誌 サウスウィンド様”に寄稿しました記事を掲載させていだきます。   「うちの会社」 藤原貴子(ONEPOWER Consulting LLC)   ジョージア日本人商工会会員の皆様、昨年法人会員として入会させて頂きました、ONEPOWER Consulting LLCの藤原貴子と申します。 この度は弊社紹介の機会を賜り、心より感謝申し上げます。 弊社は2012年7月7日 企業様と求職者のご縁を結ぶべく七夕の日に、ジョージア州にて設立いたしました。 弊社の企業理念 は Beyond Betweenでございます。 私共にとってこの Beyond…


Alternative Fuel Vehicle Parking – アトランタ新国際ターミナル

先日、久しぶりにアトランタの新しい国際ターミナルに行く機会がありました。 国際ターミナル側に近い駐車場から入ると、その日は既に多くの車が駐車されており、空いているスペースを見つけるのがなかなか大変でした。 グルグルと駐車場内を走っていた中、もう一度ターミナルの方向に戻るとターミナル入り口間際に数台分まとまって空いているスペースがあるではないですか! まあ無理だろうと思いながらも、そのスペースの小さいサインを読む為もう少し近づいた所、なんと「Alternative Fuel Vehicle Parking」とあり、ハイブリット車のみが停められるスペースということが分かりました。 弊社の社用車を購入する時にだいぶん悩みましたが、少しでもグリーンになれる様貢献しているという日頃の気持ちに加え、なんとも嬉しい瞬間でした。 アトランタ空港もハイブリッド車用専用のスペースを作るとは粋な計らいですね。 Posted 9/4/2014


第5回アトランタ働く女性の会

去る3月14日(金)に、「第5回アトランタ働く女性の会」が 開催されました。 ビジネス社会の中で責任と役職を持った働く女性達が集まれる場をここアトランタに作りたい、 自分達の経験や知識を共有して、同じ境遇や悩みを持った働く女性達と相互支援できる場をつくりたい、という思いが集まり同会は始まりました。 第5回の今回は、保険業界18年の実績・経験を持つ、Gallagher Benefit Services社のColwell由美さんに今まさにタイムリーなトピックの、「米国医療改革法制度・オバマケア」についてお話をして頂きました。 今後も、参加者夫々の専門知識や経験を活かした内容を会毎の議題に取り上げ、相互支援に加えお互いに高めていける会を続けて行きたいと考えています。 Posted:3/24/2014


2014年 SC州年次パーティー

去る2月1日(土)サウスカロライナ日米協会 (JAASC)年次パーティーが開催されました。 JAASC年次パーティーはJAASC文化部会が主催する恒例のソーシャルイベントであり、多くの日系企業や米系企業トップの方々を含むコミュニティーの皆様が参加されます。 同パーティーでは子供専用のキッズルーム(託児所)を設け、地元の大学生/高校生のベビーシッターさんが小さなお子さん達のケアをしてくれます。親子連れで気軽に参加が出来て楽しめる、アットホームで細かい気配りが感じられました。 又今年は今までと違う会場、Hyatt Regency Greenville Hotelで行われ、例年以上に華やかで大きなスペースの中参加者の方々はお食事やネットワーキングを楽しまれていました。 Posted: 2/4/2014


-RESERVED- Alternative Fuel and Hybrid Vehicles ONLY

新年のご挨拶でとある企業様を訪問した際、駐車場が一杯で空いているスペースが見当たらず、しかもその日は無性に寒かった。 「こんな寒い日、入り口まで長く歩くのは辛いなぁ」と何周も駐車場をグルグルしていたところ、3-4台分スペースが空いているのが目に止まった。 なんだろう?と、そのスペースにあったサインを見入ったところ、 「-RESERVED- Alternative Fuel and Hybrid Vehicles ONLY」 素晴らしい! 実は弊社は業務時のペーパーレス化促進をはじめグリーンを目指すべく、社用車はHybrid車である。日頃は長距離出張時の燃費の良さや、ガソリンを満タ ンにする時の安さ、そしてグリーンに近づこうと努力をしている自己満足(笑)以外特に感じた事は正直な所無かったが、「Hybrid車を運転していて良 かった!」と実感でき実に新鮮な出来事だった。 Posted: 1/20/2014


2014年 ジョージア州日本人商工会主催の新年会

1月13日、ジョージア州日本人商工会主催の新年会が、バックヘッドの五つ星ホテル、THE ST. REGIS ATLANTAにて行なわれ、ワンパワーコンサルティングも出席させていただきました。 今年の新年会は去年の参加人数をかなり上回る200人以上の会員の方々が一堂に会しました。 NYを中心に活躍なさっているUMAMI NYCのお二人が、三味線とピアノのコラボ演奏を披露して下さり、上を向いて歩こう、サザンオールスターズの真夏の果実、キャリーパミュパミュのニンジャリバンバンなど年代を超える選曲で楽しませて下さいました。 恒例のじゃんけん大会では、去年惜しくも決勝で敗れ、キャッシュを手に出来なかった方が、何と今年優勝してしまうという場面も。更にこのジャンケン大会で最後に負けてしまった方が、抽選でデルタ航空のギフト券に当たるなど、色々なドラマも生まれた新年会でした。 企画、準備、進行などでご活躍なさっていたメンバーの方々にこの場をお借りして深く感謝いたします。     Posted: 1/15/2014