PLACED AS BUSINESS ANALYST 日本企業で11年の勤務を経て、第一子出産のため育休を取得。育休中に主人の赴任が決まり帯同休職に切替え、渡米致しました。渡米後は英語力を伸ばしたく、現地会社で働くこと、また現地の人たちとの異文化交流の二つを目標としました。 半年が経ち、現地会社への就職を試みたもののパンデミックが始まり、州を跨ぐ引越しをしたことで就職を諦める形となりました。 その間に何か出来ることはないかと、専門分野を強化すべくUSCPA取得に向けて勉強を開始。並行して目標の一つであった現地の人たちとの異文化交流を積極的に行い、アメリカの伝統的なイベントへの参加や、日本料理·文化の紹介を沢山行うことが出来ました。 その後USCPAの1科目をpassしたタイミングで主人の帰任が決まり、アメリカ生活でやり残した事はないか振り返ったところ、目標の一つであった現地会社への就職を叶えていない事に気付きました。 そこでONEPOWERの藤原さまに相談したところ、すぐ会社を紹介して頂き選考プロセスに入りました。帰国直前という時間が限られた中でのチャレンジだったので迅速にご対応頂けたことに大変感謝しております。また各選考プロセスにおいては的確且つタイムリーなアドバイスやフィードバックで合格まで並走頂き心強かったです。 わたしの場合、育休·帯同休職という5年間のブランクがあったこと、アメリカでの就労経験がないこと、VISAスポンサーが必要なこと、また英語力が乏しいこと、と現地で就職するには高いハードルが幾つもありましたが、常にポジティブにサポート頂いたことで自分自身も前向きにチャレンジすることが出来ました。 現在は日本においてVISA取得、アメリカでの就労に向けて準備をしておりますが、自身の夢が叶う日を今からとても楽しみにしています。

Sharing the article from PBS NEWS HOUR. This story was originally published by Next Avenue. Read all of Next Avenue’s COVID-19 coverage geared toward keeping older generations informed, safe and prepared. Job hunting is never easy. But the coronavirus pandemic is creating challenges unlike any we’ve ever seen, with unemployment expected to hit 16%Continue Reading